4月, 2010 のアーカイブ

新参者

Posted: 4月 25, 2010 カテゴリー: Uncategorized
 
以前から「ドラマのロケを人形町でやっている」と聞いていましたが、漸く出くわいました。
出演者では阿部寛、溝端淳平(ブザービートのしゅうじ君)にあと恵とかいう苗字の奴だったかな。
阿部寛、やはり俳優は格好良いですな。 スリムで顔が小さい。^^;
犬を連れて横断歩道を渡っているシーンで、翁が渡っている途中に「スタート」の声がかかっていたので翁もメディアデビューを果たしているかもしれません。後姿ですが。(笑)
撮影スタッフ、エキストラ取り混ぜて2~30人位いました。 今人形町通りはあちこちにドラマの宣伝ポスターがかかってます。
TVの初回放送を見ましたが、なんとなく??てな感じでしたが。^^
 
さて、苛められていたハマクマノミ、とうとう☆になってしまいましたよ。つД`)・゜゜・*:.。..。.:*・゜
「そろそろ苛められずにすむかな?」と期待しつつシェルターをやや深く沈めて出やすいようにしてから3日目。
ようやっと出てきたら再度瞬時に苛めまくられ、かじられ、つつかれ、ボロボロに。(;□;)!!
何とかシェルターに戻したもののクマノミが脅しに来ることを恐れてフィルターモーターの陰に避難。
結果、これが裏目に出てクマノミに水槽の中を引きずり回され、あえなく昇天...。
で、毎度のことながらクマノミが屍骸を自分がお世話になっているイソギンチャクの中に連れ込んでおりました。((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
ご冥福をお祈り申し上げます。(これで☆になった魚は何尾目だ??)
 
<本日の拾得物>
もう皆さんご存知でしょうが、馬鹿な話ですな。 実名を明かせば良い。ヽ(`Д´)ノ
 
痴漢の冤罪でボコボコに暴行を受け、警察にも信じてもらえず、挙句自殺してしまった息子のためにお母さんが立ち上げたサイト。
警察はもう一度真偽を確かめるためにボコッた男や被害女性の事情聴取をして欲しい。
 
石破茂氏が自身のブログで鳩山氏をこき下ろし。(笑)
翁も鳩山氏の知能指数を疑っている一人です。 安部氏みたいにウツになる方がまだ可愛いか!?ゲラゲラ
 
 

熱帯魚飼育セットの選び方

Posted: 4月 17, 2010 カテゴリー: Uncategorized
 
翁の場合、海水魚の趣味は沖縄で海底の見えるグラスボートで熱帯魚の泳ぐ姿を見てから始まりました。
世の中には熱帯魚といっても淡水魚、海水魚がいて、淡水であれば水草と組み合わせて楽しむ方も多い。 というか、こちらが主流ですな。^^;
早速沖縄旅行から帰ってきて、年末に掛けてネットで「初心者の始め方」的なhpで学習しまくりです。(笑)
海水魚を飼育したいので、もちろんサンゴもいろいろと検討しました。
 
で、海水魚を始める上でたどり着いた結論は:
1.初心者は60cm幅の水槽から始めるのが吉。(小さな水槽は水質管理が大変)
2.60cmサイズはフィルターや照明も製品が数多く、かつ安い!^^v
3.水槽台はしっかりしたもの(場所)を選ぶ、というか必須。
途中で飽きてしまう可能性もあったので、安いものを通販で探しましたよ。
水槽セットは水槽・上部フィルター・2灯式ライト・ヒーターなどがセットで8,400円、水槽代も組み立て式で7,000円ぐらいだったかな。
もっとも、高いのはサンゴ(今水槽の中にあるもので1万円ぐらい)とサンゴが石化して出来たライブロック(同じく12,000円ぐらい)だったんですが、始めた頃は相場までは研究しておらず結構ガッカリとしたものです。^^;-
 
良く使っている通販ショップは、ここ:チャーム
なんと言っても安くて、早い。 かつクレーム対応もなかなかのもので、いつぞや「サンゴの色が写真と違う」とクレームをつけたところ、即、別のものを送って寄越しました。 最初に送って来たものについても「そのままお育て下さい」と嬉しいメールが入りました。
そんなこんなで、5万円以上使っていそうな気もしますが。(笑)
但し、魚は通販では購入しておりません。
 
ここまでの過程での注意事項です。
 
(写真はそのチャームさんから拝借)
 
一目瞭然ですが、上が翁が買った安い水槽セット(ものはチョット違う)。 水槽上面がフィルターとライトに覆われて重く感じるし、水槽上下の黒縁が邪魔ですね。(;□;)!!
下はオールガラス水槽でお洒落なライトと後面設置式のフィルターなので上面をふさがないし、ライトも自在にセットできます。
インテリア重視派には断然下側のオールガラス水槽です。 翁も後から随分後悔しました。
しかしながら、上側のドンくさい奴には以下の利点があります。
①水槽自体が頑丈。
②上部フィルターのメンテナンス(マット交換、ろ材洗浄等)が楽。 (多くの人は外部式と呼ばれる密閉別置きのフィルター使用)
③海水魚には必須の水の中の酸素の取入れがコレだけで充分。
④交換蛍光灯が安い
逆に弱点は:
①上面をふさいでしまうので、水槽奥が暗くなりがちで、ライブロックを動かすときにフィルターやライトが邪魔。
②お洒落なライトは縁なしのオールガラス水槽での使用が前提となっており、上のタイプでは使用できない。
などなど。
 
一長一短ですかね。
と言いつつ、今セットしつつある2本目の水槽は下のオールガラスタイプなわけですが。ゲラゲラ 
 
 
 

魚にも相性というものはある (;□;)!!

Posted: 4月 11, 2010 カテゴリー: Uncategorized
 
現在水槽にいる海水魚は黄色系、青系&白黒系。
当然のごとく「赤系が欲しい」と思うのが人情である。^^;
で、昨日買って来ましたよ、別名「トマト」の愛称もあるハマクマノミ。
 
 
  (写真はどこかの通販ショップから。すまん>通販ショップ)
 
購入する時にいつもの東銀座パウパウのお兄さんに「既にクマノミが二匹いるけど、こいつを追加で入れたらどうなりますかね?」と聞いたところ、即座に「そりゃ~、即いじめられると思いますよ」。
こちらは買いたいものだから「他にもスズメダイが6匹いる!」と食い下がったら、お兄さんが「ま~、こいつが他の魚たちに紛れ込めると良いんですがね」と説得を諦めたようにつぶやきました。
で、買って来ました、一匹だけ。^^;
「なんとか仲良くしてくれ」と祈りつつ水槽に解き放ちました。 その瞬間です、クマノミ二匹がハマクマノミを追い回す、つつき回す、果てには尻尾をくわえて水槽の中を引きずり回す!!((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
 
「これは30分以内に殺されてしまう」と判断し、以前いじめっ子クマノミの鑑別所用に使った小型ボックスを今回はハマクマノミのシェルターとして使用しました。 その写真がこれ。
 
 
大きくなればクマノミぐらいのサイズにはなるのですが、今は小さ過ぎで戦いになりません。
実は成魚になるとクマノミ以上に凶暴な性質らしい。(笑) 同じ水槽は無理ですな、こやつ等は。
 
ちなみに現在の水槽全体の写真。
ライト2灯の内「カリビアンブルー」のみ点灯。 夜はこの照明が綺麗です。 雰囲気良いですよ。^^