2月, 2010 のアーカイブ

海水魚7週目&白点病

Posted: 2月 21, 2010 カテゴリー: Uncategorized
 
引き続き、白点病に悩まされております。(;□;)!!
今週はシリキルリスズメが2匹☆になってしまい、水槽の中はクマノミx2、シリキx4の計6匹です。
死んだシリキの一匹は、当初屍骸が水槽の中で見当たらず、水槽の中の岩を全部取り出して砂を掬って見てもまだ居ない!?
で、「多分イソギンチャクが食べたんだろう」と諦めていたら、やはりそうでした。
水槽の横でパソコンをしていた家内が「イソギンチャクから変なのが出てる!」と。^^; みると一部消化されたシリキの白っぽくなった頭が「ニョキッ!」と突き出ておりましたよ。 殆どホラー映画のような感じ。^^;
 
 
 
クマノミは体を岩や給水管のこすり付けるのでアチコチ充血し、シリキは元々体が瑠璃色のため全身にびっしり寄生した白点虫が目だって余計哀れですな。(;□;)!!
ネットで調べても特効薬は無い模様で自力回復を祈るのみです。(T_T)
もし全滅してしまった場合、暫くは「珊瑚水槽」を目指そうと思っております。 魚が死ぬのは可哀想ですからね。
  
オリンピック、何とか3個のメダルまで行きましたね。
女子のスピードと男子のジャンプは端から期待していなかったので良いんですが、女子フィギュア! 金は例の彼女が取るんでしょうが、銀と銅を密かに期待しています。 後は精神面だけ?^^;
 
 
 
広告

海水魚6週目、ついに悲劇が...

Posted: 2月 14, 2010 カテゴリー: Uncategorized
 
ついに魚の一匹が☆になりました。
それも、一番高額かつ、買ってからわずか4日で。つД`)・゜゜・*:.。..。.:*・゜
魚の名前はヘラルドヤッコ。 下の写真の通り全身綺麗な黄色です。 体長は10cmぐらいでした。
 
 
 
成魚を買って、図体が水槽で一番大きく、いじめっ子クマノミの抑制になっており、しばし水槽の中が平和だったのに。
金曜日の朝、「元気が無いな?」と思いながら眺めていると、フラフラと岩陰に泳いで行って、その場でばったりと倒れました。(;□;)!!
暫くは何とか生き延びていましたが、その日の夕方にはついに☆に...。ご冥福をお祈りしつつ、生ごみ入れへ。
 
 
先週巻貝を水槽に投入しました。
これ働きますな~。下は今のライブロックの色。 下の記事と見比べて貰えば分かりますが、岩をびっしりと覆っていた茶ゴケを綺麗さっぱり取り去ってくれました。
 
 
大変働き者なのは大いに結構ですが、岩の上においてあるサンゴは下に落とす、小さな岩で組んでいるアーチは崩す、と問題もあります。^^;
ま~、働きに免じて許しております。 動きも面白いし。^^v  (文句も言わずに、黙々と家事をこなす、...見習って欲しいモノである)
 
今週の課題は「白点病」との戦いになりそうです。つД`)・゜゜・*:.。..。.:*・゜
細菌が取り付いて、魚が身体の一部が充血するぐらい岩に身体をこすり付けている。
海水魚飼育では誰もが通る道らしいが、なんとか頑張って欲しい。
 
 
 
 
 
 
先週の先輩の退職祝いの宴会の後に同席していた同僚に事故が起こりました。
帰る途中坂道で転んで、打ち所が悪く「外傷性くも膜下出血」と診断されました。
右目の視力が極端に落ち、首も強くひねったらしく、45度以上左腕が上に持ち上がりません。(;□;)!!
今週は検査入院で週明けにも治療方針を医師と調整するとの由。
昨日、見舞いに行ってきましたが、漸く口から食事を取り始めたところで、さすがに元気が有りません。
甘いものが好きな奴なので、「うさぎや」のドラ焼きと目に良いと言われているカシスのサプリメントを持っていきました。
回復するよう心よりお祈り申し上げます。
 
 
さて、海水魚。まだ一匹の落伍者もなく全魚元気です。
本日は水槽のごみ掃除もやってくれるという巻貝を5匹追加投入。 効果の程はこれからです。^^
先週「ショボイ」とご報告した通販のサンゴですが、内二つは見事に(少なくとも通販の売り文句程度に)開きましたよ。^^v
 
こちらがウミキノコ。 触手が開いている状態で、5,6cmといった所でしょうか。
 
こちらはカワラフサトサカ(だったかな?) 一番広い所で10cm近くあります。^^ さらに成長すると粒粒が開きます。
 
ライブロックも少しいじりました。 下にSサイズのロックを挟み、通路を作ってシリキがクマノミのいじめから逃げるときのシェルターにしました。
 
 
のんきな事やってますが、昨日同僚の見舞いに行くまでは、本当に心配でしたよ。
何せ、前の会社でも同僚で「こっちに来ないか?」と声を掛けて来てくれた友人ですからね。
病室に入って、想像してたほどの怪我ではなかったし、当初失明を心配していた右目も明かりを感じる程度にはなっているとの由。
早く回復して欲しい。 もちろん元通りに。