ダ・ヴィンチ・コード

Posted: 6月 28, 2006 カテゴリー: Uncategorized

 

  <翁の日記>

 

 

ダ・ヴィンチ・コード、観て来ました。

場所は有楽町のマリオン日劇。  客は1/3ぐらいの入りでガラガラ。

事前知識無しで観ましたが十分楽しめましたよ。 前売り券1,300円で観るなら安い!

原作を読んでいないので巷で「難解」と言われるような部分がどこなのか良く分かりませんが、ある程度の予備知識・前提条件の認識が必要とされてるのかな?

 

例えば:

1.キリストは神である。 人間との間に子孫はいない。

2.子孫がいた場合、神である事が否定され、キリスト教の存続そのものに大打撃を及ぼす。

3.「聖杯」は存在の真偽は別にして、過去から現在に至るまで世界ミステリーの主役の一つ。

これらの認識無しには「何のこっちゃ?」ということになるでしょう。

日本人の宗教観念の薄さ(キリスト教への理解度)も少し影響する?

 

しかし、以下の部分は「ちょっとこじつけ過ぎない?」とも感じましたね ^^; :

1.「最後の晩餐」絵画に対する解釈。(そういう論争は実際にありますが、男女の記号は?^^;)

2.「聖杯」に隠されている力/事実

 

とはいえ、娯楽映画として見ごたえ十分。 5点評価の4.5でオススメ。

 

 

  <今朝の一枚>

 

「おちつくnya」

 

 

  <今日のネタ>

 

「思わず和む画像くれ」  和みます。 折り紙付き。

 

「小物探知機」  欲しい方多いのでは? 泥酔した翌朝はメガネを探すのに苦労します。^^;

 

「ゲーム: GAMMA BROS」  難しいけど即終了とはならないのでOK。

 

「避雷さん」  カラー写真という事は撮影者?

 

「目指せ! 一ヶ月10万円生活」  やるな! 老後の手本にしよう。(笑)

 

「ヨーヨー スーパープレイ」  これは大道芸レベルですな。

 

「中国で翼の生えた猫が発見される」  ただの長い毛じゃないの?^^;

 

「あなたのオフィスに“コンビニ”を入れる方法」  案外いけるかも?

 

「100円コンビニの時代到来!!」  これはかなり他店舗の脅威になるな。

 

「サスペンス劇場でよくあること」  ま~ワンパターンだからな。

 

 

  <今日のニュース>

 

「「まあ人物は大丈夫だし」 高松塚壁画損傷、甘い認識」

船頭多くして、漕ぎ手は素人!?

 

「フクエモン破格年金、年778万…からくりは?」

公務員の年金(恩給?)そのものを見直すべきでは?

 

「人ごととはいえない孤独死」

難しい...。  でもこれを受け入れるとシステムが成り立たなくなる。

 

「水筒…「1人に1本」の時代へ 大人の愛好家増加」

そう言われると会社でも良く見かけるようになったな。

 

  <秘密の小部屋>

「((・ ))) ▽(( ・))) パニック」  言っときますが昆虫です。

「お帰りなさいご主人様」

 

 

                                         
 
広告
コメント
  1. . より:

    4.5評価ですか~★
    楽しめたんですね。
    原作との比較が無いほうが、そのまんま楽しめるということですね。
    読んでない方の評価、結構みなさん 高いですものね。
     
    10万円生活、見習わないと・・・^^;
     
    孤独死。。。   億のお金が動く報道と、餓死と、、、  何なんでしょうね。
    酷すぎます。
     
    車で家族で出かけるときには、水筒にコーヒーを入れて出かけましたけど(最近は出かけない)、
    ひとりの外出にも復活させようかしら・・
    夏でも、温かい飲み物を好む 私です。

  2. くるみ より:

    おー、評価高いですね。それでは、私もマリオンに行ってみましょうか。
    上野は座席の背もたれが高く、首が疲れなくてよかったのに、閉館してしまいましたので、
    有楽町に行かなくちゃです。
     
    10万円生活・・・それが出来れば、今頃は貯金が随分たまってるはず(-_-;)
     
    多慶屋の大創業祭のチラシが朝刊に入っていました。安いと思って余計な物まで買って
    しまったら、何にもなりませんね。気をつけましょう。

  3. わさび より:

    探知機欲しい。携帯や財布・・よく探します。
    携帯は鳴らして探し、財布はだいだい車の中に置きっぱですけど。
    中年になって初めて経験する単身赴任と夜勤。
    2年後孤独死された方の奥さまと話をしたことがあります。
    目はパンダ、鼻はトナカイになりました。
    昆虫・・・。・゚・(つД`)・゚・。観れませ~ん。
    観れてもうげ~って言うと思うので、うげ~と言っときます。 うげ~ おえ~

  4. より:

    kokoさん、
     
    面白かったです。 あのフランス訛り(?)の女性もキュートでしたし。 有名人?
    どうしても生活保護の支給額が問題になってしまいますね。 個人的には国民年金支給額より多い生活保護は言語道断と思っております。 では本当に働けない人々が6万円/月以下で生きていけるかというと、これまた...。 う~~ん?
     

  5. より:

    くるみさん、
     
    平日のレディースデイでしたけどガラガラ。 通路になっている足元の広い席の真ん中で観てました。(^ー^)v
    多慶屋の安売り?  エアコンや浄水器のフィルター買っておくかな? ここ安いんですよね。
     

  6. より:

    わさびさん、
     
    そういう方もいらっしゃるでしょうね。 奥様には後悔の気持ちが? パンダ&トナカイは当然です。
    昆虫、この前のよりは刺激は少ないと思います。^^;
     

  7. やぶ より:

    探知機でオケを探すのは探知機オケサって言うんでしょうか・・知らぬ同士がお皿たたいて・・ああ調子悪いなあ。
     
     

  8. バーバ7 より:

    我家もずーと一ヶ月10万円生活をめざしているのですがねぇ~
    アハハ・・・今の所 無理です。出産・法事・葬式・・・交際費がねぇ~
    飲み代はないけど(笑)
    脂肪燃焼ダイエットもあり、お気に入りに入れて、料理も
    じっくりと研究させていただきますわ。ありがとう。

  9. 三島キッド より:

     有給休暇で映画鑑賞は優雅ですね。チョックラ暑かったので、当然チンで帰りは生ビールでグビグビされたのでしょうな。
     
     国民の半数以上が中流意識をもっていたのは10年位前ですよね。
     格差が生まれるのは、ある程度は仕方が無いとは思うのですが、安心して老後を迎えられない問題とは違うと思うのです。
     頑張ったらそれなりに報われる仕組みを作る必要があります。
     
     孤独死にならないように、一生懸命に働いて妻にサービスしなくてはなりません。
     

  10. . より:

    あの女優さん、私 知りません。
    好感度の高い方ですよね^^v
    う~ん、でも、原作のイメージとはちょっと違うんです。
     
    なんでもそうだけれど、線引きが難しいんですよね。。。

  11. より:

    やぶセンセ、
     
    調子...悪いかもしれません。^^;
    最近お客さんが多すぎるとか?^^
     

  12. より:

    バーバ7さん、
     
    あ、交際費がありましたね。 達成するには親戚縁者と縁を切り、知らない町に移り住むしかない?^^; これも厳しい。
    でもこういう目標を持つことは良いことですよね。 密造酒の研究もせねば...。^^
     

  13. より:

    三島キッドさん、
     
    生活保護の問題は徐々に脚光を浴びつつあるし、年金もこれからの政治のキーワードになりましたからね。 国民の多数がどう思っているのか興味深いところです。
    なるほど、家内へのサービスも重要と。^^  賛同します。
     

  14. より:

    kokoさん、
     
    最後の水溜りのところでは、ちょっとそれらしい出来事があっても良かったような気もします。^^
     

  15. アグネス より:

    Okinaさんの評価も高くてよかったです。あの「水溜り」のあたりで「ちょっと原作読んでみようかな?」と思いました。
    水筒は子どもが小さい時には必需品でした。もちろん今もあります。さすがに遠足にはもって行きませんが^^;
    私のところにも生保部屋があります。その実態をここで書いたら、もう大変な論争になると思います^^ヾ

  16. より:

    アグネスさん、
     
    面白かったですよ、この映画。 ただ派手なシーンは少なかったので印象が薄れるのは早いかも。^^;
    生保部屋、へ~、そんなものあるんですか? 知らなかった。 是非、記事に。^^;
     

  17. Rayで~す より:

    こんばんは。
     
    『MORA』←A=アグネスさんでしたか!
     
    …あとで 挨拶してきます。
     
     
    6/24の記事で 『ドラクエ…』 載ってましたが…
     
    「ファミコン、スーパーファミコン…やられましたか?」
     
    おいらは 嵌まってました! F.Fも…
     
    スライムが大好きです!

  18. より:

    Rayさん、
     
    そう、Rayさんの復帰でまた朝が楽しくなりますね。
    MORning Associationとか考えてるんですが、なかなかいいのが思いつかない。(;□;)!!
    ファミコン系、実はもう少し古いギャラクシアン、パックマン、ドンキーコングの世代です。^^;
     

  19. . より:

    水溜りのところって、、、
    どこでしたっけ?
    最後のどの場面だったか。。。  ^^;
    おばあさま達と再会した、あの(名前忘れました)場所での最後の場面?

  20. より:

    kokoさん、
     
    最後にトム・ハンクスを呼び止めて「Look at this!」と言いながら彼女が水槽にちょっと足を浸した所です。^^
     

  21. より:

    アグネスさん、
     
    I’m surprised to see your blog that has been re-opened so quickly.
    My comment was left just 5 minutes before.
     

  22. さわ~♪ より:

    (*^-^*)/こんばんは~♪
    ポセイドンかと思いきや ダヴィンチコード。。
    迷ってましたが 観ましたかぁ~♪
    歴史 宗教知らない私も 何か画面に吸い込まれるような
    何とも言えない感覚が・・・先が観たい 知りたい状態で
    映画って どこかラブシーンあるんだけど 無かったでしょう!!
    何か以外で・・・笑
     
    でわ・・今から クリック・・お邪魔します
     
     
     
     

  23. Unknown より:

    Mr.Okina
    今日は寝坊までして、疲れました!
    帰宅してから又渋谷まで出かけてお祝いしてもらい嬉しかったですが疲れました~
     
    あの時、焦って一応何でも良いから書かなくちゃ~と義務感ですね!友達から℡が掛かるし、
    本当に疲れました。
     
    「D・C」観たのですね、私は観ていないのですが神など存在しないし、キリストは結婚していたんですよね!日本人は信仰心が無いからあの映画は理解出来ないのかな~(日本人向きじゃないんじゃないかしら、、、、。観ていないのでなんとも言えないのですが!!
     
    今日はもう寝ます。おやすみなさい~Rさん復活出来てよかったですね!

  24. より:

    ♪さわぁ~♪さん、
     
    おはようございます。
    さわぁ~さんも観ました? ラブシーン、ありませんでしたね。  そもそもトム・ハンクスには似合わない?^^;
     

  25. より:

    アグネスさん、
     
    No problem. It’s my pleasure. ^^
     

  26. より:

    Miss.Mayumiさん、

    ゴルフから帰ってきてそれからまた出かけて誕生日パーティーですか!? パワーありますね。^^
    映画はキリスト教圏用ですね。 少なくとも宗教心の強い民族向け。
    MORA、全開?^^;

  27. . より:

    原作は、love で終わります。
    もう忘れてしまったけれど、最後は同志としてではない感情の確認があって 終わってるんですよ。
    長い間の時間と目的を共有しあった中で、かけがえのない人に・・  ですね、お互い。
    映画は、そこは描いてなかったですよね~^^

  28. より:

    kokoさん、
     
    確かに映画はかなり「詰め込んだ」感じはありました。
    それがかえってテンポ良く見えたのかもしれませんね。^^
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中